【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【高松宮記念】逃げ馬を続ける”世界線”が見たかったレシステンシア|逃げ馬結果2022

『高松宮記念』(4歳上G1)  中京 芝1200m

◆逃げ馬◆ レシステンシア(6着) ◆前3F 33.4 ※平均 34.15

 ◇勝ち馬◇ ナランフレグ【差】  ◇勝ち時計 1:08.3(重

高松宮記念2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

好スタートを決めてレシステンシアが出ると内が来ないのを確認してハナに立った。ジャンダルムと半馬身並んで逃げ、直線でも同じ態勢のまま走ったが残り100mで伸びを欠き後続にかわされていった

逃げ馬短評

《レシステンシア》

▼スタートよく出て好加速も決めたため半ば押し出されるカタチでハナに立った。しかしすぐ坂を上る中京1200mコースの重馬場で前半3F33.4秒は超ハイラップの部類。ここでの無理を考えると最後の失速は仕方ないところだろう

▼近走ヨーロッパ騎手を続けて乗せて”控える競馬”を覚えたにもかかわらず今回は逃げた。馬の意向を後押ししがちな横山武史騎手の性質が悪い方に出たといえる

ただこの責任の多くは毎回騎手を変える調教師陣営にあると考えられる。レース運びの”完璧性”が求められる高松宮記念をテン乗りで走らされては武史騎手も判断材料が少なく困ったことだろう

若い時に成功した前に行く競馬をずっと続けていれば、あるいは今回も上手に立ち回れた可能性が高いが、そのIFはもう存在しないのがこの世界

近走の騎手起用の傾向を見るにおそらく陣営は差す競馬をしてほしそうで、今後はさらに控える傾向が増すと予想される

《ファストフォース》

▼そこそこのスタートは切れたが押しまくっても加速に入るのが遅く6番手辺りが精一杯。直線で伸びず9着で入線

▼G1とはいえ逃げ馬がいないメンバー、消去法的にこの馬の逃げに期待した。しかし現状の力ではとても1200m戦では通用しないほどダッシュが弱かった

よくよく考えれば昨年のCBC賞以外は特別速い出足を発揮していたわけでもない。あのレースだけが”奇跡的な走り”だったとも思えてきた

前走のレビューでも書いたが、今後は距離延長をしてとにかくまず”逃げるカタチ”を作るのが先決なように思う

 

f:id:amano_shintaro:20220327184456j:plain