【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

★逃げ馬予想★【オークス】パーソナルハイ【平安S】サンライズホープ|2022.05.21,22

『オークス』

逃◎ パーソナルハイ 吉田豊 13番

 ●逃げ自信度 C

前走フローラSではハナに立った後に外から絡まれる苦しい展開でも2着に入った。そこで中距離とコースを経験していることで、ここは自信を持って逃げられそう

鞍上はパンサラッサとのコンビで逃げのイメージが強い吉田豊騎手。絡まれるのを嫌って序盤は前走以上に前に出して行く可能性もあり、ここでは逃げ本命と考える

ただライバルになりそうな一頭ラブパイローが10番枠とこの馬より内に入った。現状序盤の持ち時計が近いので枠を考慮するとほぼ互角な状況。もしそちらが好スタートを決めなおかつガンガン押す姿勢を見せた場合はこちらが引くしかないだろう

逃〇 ラブパイロー 野中 10番

 ●逃げ自信度 C

前走で1勝クラスの中山芝2000m(重馬場)を逃げて勝っている。ただそのレースでは激しく追ってやっとハナに立った。今回のトップクラス相手だとそのレース以上に押す必要がありそう

またダートと芝短距離向きのパイロ産駒で、ペースのコントロールが難しそう。距離を考えての”控え”のセンもある

鞍上の野中騎手初G1騎乗というのも消極的になりそうな要因だが、とはいえ先週の京王杯SCリフレイムで逃げていて”やることはやる”ことを示している

もし陣営から前に行くよう指示があれば、開き直って多少の無理をしてても遵守する可能性もある

逃▲ ウォーターナビレラ 武豊 1番

 ●逃げ自信度 C

前走桜花賞で抜群のスタートを決めて内のカフジテトラゴンも同等の好スタートを切ったのを確認して2番手に抑えて最後は2着でゴール

おそらくこのメンバー中で最速のスタート脚を持っている。さらに1番枠に入ったことで逃げる可能性は高まった

しかし鞍上は”競馬新聞をよく読む武豊”。外に”逃げたい馬2頭”がいることを強く意識しているはず

桜花賞と同じようにスタート後にまず周りを確認して、その時に誰かが前に行こうとしているようなら控え、誰も来ないと判断した場合のみ逃げると考えられる

 

 

『平安S』

逃◎ サンライズホープ 幸 9番

 ●逃げ自信度 C

ダート中距離を先行し続けている馬で前走フェブラリーSでも番手を走った。そこから3ヵ月ぶりの出走なので馬自身が”速いペースのイメージ”を持ったままゲートを出るはず

以前逃げて勝っている幸騎手に鞍上が戻ったこともあり、確固たる逃げ馬のいないここでは自分から主導権を握っていける

逃〇 ダノンファラオ 坂井 13番

 ●逃げ自信度 C

近走はやや長い距離を使い2度のJBCクラシックを逃げている馬

しかしその他のレースでは長距離戦でも番手で走っている。今回は内のサンライズホープが良く見える位置。そちらがすぐ前に出て行くようなら番手の位置を選びそう

 

★現在の逃げ馬ランキング表★