週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【神戸新聞杯・2018年】ペースメイクを覚え始めたメイショウテッコン|逃げ馬レース結果

 

『神戸新聞杯』(3歳G2)  中山 芝2400m(良)

◆勝ち馬◆ ワグネリアン        勝ち時計 2:25.6【平均ハロン 12.13】
◆逃げ馬◆ メイショウテッコン(3着) 前半ラップ 36.7【3F基準 36.4】《Mペース》 

 

メイショウテッコンのレース展開

抑え気味のスタートで一旦は4番手の位置。しかし前をカットされて窮屈になりたまらず外に出すと一気に加速して先頭に立った。それからは3馬身差をキープして落ち着いた展開。残り800mで徐々に加速し、最後の直線でも後続とのリードをキープしたまま逃げこみ体勢に入るも、ゴール手前でワグネリアンエタリオウには差されて3着

神戸新聞杯2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

神戸新聞杯2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《メイショウテッコン ◇ランクイン 圏外→6位

おそらく菊花賞を見据えて抑える競馬をしたかったはずだが序盤でエキサイトしてそれは叶わなかった。とはいえ先頭に立ってからはリラックスした様子で12秒台後半にペースを落とせた。この様子なら本番も逃げ作戦でいっても競馬になりそう。試走としては十分収穫があった

 

《エポカドーロ ◇ランク圏外

スタートでつまづいて致命的な出遅れ状態。試しに差す競馬に徹してみたもののいまいち伸びずに前3頭と離れた4着。やはり前での展開でこそ力を発揮する馬のようだ。菊花賞ではメイショウテッコンなど逃げ馬だけ前に行かせて後続集団の前を引っ張る”準逃げ状態”を狙ってくるはず

f:id:amano_shintaro:20180927083730j:plain

 

勝ち馬短評

《ワグネリアン

ゆったり出して集団の真ん中あたりの位置取り。道中はややかかっていてポジション取りは不安定。残り800mでペースが上がると急に走りやすくなったようで意気揚々と馬群の外を追走。最後の直線でもスピードを落とすことなく伸び続けて勝利した

 

【レース前の予想記事】