【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

<逃げ馬結果>【オパールS】若い2頭の挑戦を蹴散らしたイエローマリンバ|競馬2020年

『オパールステークス』(3歳上L)  京都 芝1200m

  ◆勝ち馬◆ リバティハイツ【差】  ◆勝ち時計 1:08.6(重

◆逃げ馬◆ イエローマリンバ(12着) ◆前3Fラップ 33.0 ※レース平均 34.3

 

【逃げ馬展開】 イエローマリンバが出て行ったところを外からエレナアヴァンティがきて、交わす勢いで並走状態になり後続馬たちを離した。第3コーナーに差し掛かったところでイエローマリンバがハッキリ前に出てやっと体制確定。残り200mでつかまると失速し馬群に沈んだ。

オパールステークス2020年のラップタイム表

オパールステークス2020年のラップタイム表

逃げ馬短評

《イエローマリンバ》

激しく押して前をとったと思った瞬間、外から並ばれてチキンレースになる厳しい展開。コーナーでは内を利して前に出たが、最後ひと踏ん張りするエネルギーが残っていなかった

勝馬との差は1.3秒。厳しい展開+重馬場にしては持ちこたえた方で、休み明け初戦として素晴らしいパフォーマンス。この展開でもハナを譲らなかったことから、次走に繋がる走りはできた

 

《エレナアヴァンティ》

前走ローズSを35.7秒で逃げた馬を、すぐにまたスプリント戦に対応させてきた田中健騎手の逃げ技術が光った

今回は早々とバテてしまったが類まれなスピードは見せた。次走もこのコンビでいくようなら、よりスムーズな逃げ足が期待できる

 

《レジェーロ》

最高の発馬。しかし内のイエローマリンバが出るのを見て控えたところ、外のエレナアヴァンティにも前を横切られ、その後2頭に離された。道中ジリジリ後退し最後は17着

無気力なレースぶり。以前は馬群を捌くレースをしたこともあるので、逃げられなかったことが大敗の原因とも言いづらい。現状では「気分屋」と思うしかないか