【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

<逃げ馬予想>【日経新春杯】ショウナンバルディ【愛知杯】ウインアグライア|2022.01.15&16

『日経新春杯』

逃◎ ショウナンバルディ 坂井瑠星 11番

 ●逃げ自信度 C

前走中日新聞杯を逃げ切り勝ち。そこでは今回も出走するアフリカンゴールドが2番手につけて”前半スローから徐々に上げていく絶妙なラップ”でつついたため、この馬自身はそれに合わせるだけで最高のペース配分を作ってもらっての勝利だった

今回もその再現は狙いたいはず。鞍上が坂井瑠星騎手になりより序盤の逃げ意識は高くなっている。ただ前走と違いこちらがアフリカンゴールドの外になったのは逃げるのに少しだけマイナス材料か(最初の直線が長いので大きな影響はでないはず)

逃〇 アフリカンゴールド 国分恭介 7番

 ●逃げ自信度 C

上記にあるように中日新聞杯ショウナンバルディとともに先行しそのままワンツーフィニッシュした馬。ただ勝負所での反応が鈍くキレの面ではショウナンバルディに完敗だった

2走前から”逃げ騎手国分恭介”が乗り始めて、序盤から激しく押すことで全盛期の先行力を無理やり回復させた格好。ここでも前を取りに行くはずで、前走と内外が入れかわった今回ならショウナンバルディに先んじる可能性はある

しかし今回は中日新聞杯より200m距離延長。反応の鈍さがかえって最後の粘りにつながりそうで、前走と同じように番手で行く方が”安全且つ勝ち目のある騎乗”だと考えられる

 

 

 

『愛知杯』

逃◎ ウインアグライア 泉谷 3番

 ●逃げ自信度 C

まだ9戦と少ないキャリアだが、後ろにつけると大敗しているため”出来るだけ前につけたいタイプ”なのだろう

今回は初のブリンカーに加えて3番枠を獲得、さらに”ウイン”は逃げに寛容なクラブ。確固たる逃げ馬がいないここでは積極的に前を狙ってきそうだ

逃〇 スライリー 石川 7番

 ●逃げ自信度 C

前走はマイルのキャピタルSを使い前半3F34.4秒の速い流れの番手につけて最後は9着。出足は今回のメンバー中トップと考えられる

しかし、この馬はデビューからずっと石川騎手が乗っていて2000mではフローラSを番手で進めて2着の実績がある。ここで初の逃げを試すよりは引き続き辛抱する競馬を教え込みたいところだろう

 

 

★現在の逃げ馬ランキング表★