【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【安田記念】600m走を選んで敗けたホウオウアマゾン|逃げ馬結果2022

『安田記念』(3歳上G1)  東京 芝1600m

◆逃げ馬◆ ホウオウアマゾン(12着) ◆前3F 34.7 ※平均 34.61

 ◇勝ち馬◇ ソングライン【差】  ◇勝ち時計 1:32.3(良

安田記念2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

外のレシステンシアが1馬身飛び出したが内のホウオウアマゾンが押しまくってハナを獲った。道中は3/4馬身差で逃げ、直線入口で1頭だけ最内を選んで一旦リードを広げた。しかし残り200mで後続にかわされると伸びを欠き馬群に飲まれた

逃げ馬短評

《ホウオウアマゾン》

▼激しく押して1F目を自身最速の12.2秒で逃げを決めた。200m地点で2番手に付けていたダイアトニックが大ブレーキをしてくれたおかげで後続の先行馬が玉突き的に詰まり、スロー展開になった

ただその流れに甘え過ぎたか残り600mまで遅い流れを続けたため、純粋な”上がり勝負”をすることに。この馬も34.1秒と自身過去2番目に速い上がりを出したものの、他の馬は33秒台があたりまえ、中には5頭も32秒台が出て大きく負けることになった

▼もう少し速いラップで逃げられれば善戦できただろうが、勝つためには”レシステンシアを前に行かせ番手からつついてハイペースを作る”という難しい立ち回りしかなかったか

まだまだ4歳。これから逃げるにしろ控えるにしろ、どちらかを続けていけばもっとレベルの高い走りが期待できる

また、現状では”東京競馬場での凡走”が目立つのでこのコースは避けるだろう

《レシステンシア》

▼外枠から好スタートも抑えて徐々に下がって5番手に。直線外目に出すもジリジリとしか伸びず最後は11着

▼よほどのハイペースでなければとにかく前に行けばいいと思うのだが……次走はガンガン前に行ってほしいところ