【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役・逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の重賞予想を発信。レース後には展開を分析、逃げ馬をランク付け。初心者でも分かりやすい逃げ馬まとめ一覧表を掲載

★逃げ馬予想★【日経新春杯】リレーションシップ<C>【愛知杯】グランスラムアスク<C>|2024年

『日経新春杯』

逃◎ リレーションシップ 高田潤 1番

 ●逃げ自信度 C

これまでほとんどスプリント戦を走り、4番手辺りの位置取りを続けてきた馬。その馬がいきなりの大幅距離延長&1番枠ということで、普通にゲートをでれば一気にハナに立ってしまうと予想される

ただ今回はジャンプレース騎手の高田潤がテン乗りということで動きが読みづらい。乗り方に工夫(何が何でも控えたり、わざと出遅れたり、大逃げを狙ったり)をしてくる可能性もある

逃〇 リビアングラス 田口 4番

 ●逃げ自信度 C

条件戦を逃げて勝ちあがり菊花賞でも1度はハナに立ち4着に入った明け4歳馬。前走3勝クラス戦ではスタートで斜めに飛び出し隣の馬と接触して逃げられず7着

スタートさえ決まれば逃げるだけの速さは持っている。ただ鞍上の田口貫太騎手は1年目で重賞経験浅くここで無理に押すことはないだろう。まだ馬も若いので、他にだれかが行くようなら”待機策が可能かどうか”を試みるはず

この馬が逃げるかどうかは、相手の出方次第の部分が大きい

逃▲ ディアスティマ 北村友 5番

 ●逃げ自信度 C

芝・中長距離ランキング9位。前走アルゼンチン共和国杯では前に行くアクションをせず馬群で揉まれて大敗した

同じ轍は踏みたくないはずで今回は意識的に前に行かせると思うが、もし内の馬が出てくるようなら”バラけた2、3番手”に収まることを選ぶだろう

 

 

 

 

『愛知杯』

逃◎ グランスラムアスク 丸山 1番

 ●逃げ自信度 B

過去4勝は全て逃げてのもの。丸山騎手とのコンビは1戦1勝でここでも逃げの手を打つのが妥当。1番枠でさらにその可能性は高まった

逃〇 ウインピクシス 松岡 4番

 ●逃げ自信度 C

芝・中長距離ランキング10位。前走マイルのターコイズSを使い4番手も終盤大きく失速し最下位。すぐに見切りをつけて今回は実績ある中距離に戻ってきた

”前に行ってこその馬”のように感じるがやけにスローペースに付き合うことが多く、今回もその傾向が続くと考えるとここも”逃げ”とまではいかないか